MaVieが実現したい企業とひとに寄り添う支援――会社設立にかけた思い

MaVieは「誰もが諦めることなく“らしさ”を追求し、輝くことのできる社会へ」をミッションに掲げ、「広報ブランディング支援」および「女性活躍支援」を軸に、スタートアップから老舗まで、あらゆる企業をサポートします。代表の志賀はなぜ、2つの柱を掲げて起業するに至ったのかーー。企業や社会に対して、MaVieが提供していきたい価値についてお話します。

スタートアップから老舗企業まで、広報体制の“独り立ち”を支援

日本では、1万社を超えるスタートアップが日々、新しい挑戦をしています。スタートアップの資金調達額は3,800億円と、5年連続で最高額を更新(株式会社ジャパンベンチャーリサーチ調査データ参照)。革新的なテクノロジーやビジネスモデルで、社会に新しい価値をもたらそうとしのぎを削っています。

スタートアップにおいて効果的な広報は、社会にインパクトを示し、市場でのプレゼンスを高めます。広報を経営の中枢に置いてきちんと機能させている企業は、そうでない企業に比べ、成長の加速度に大きな差がつくといっていいでしょう。

一方で、事業をスケールさせていく段階では、開発やセールスにリソースを優先させざるを得ないのがスタートアップの現状です。また広報専任者を採用しようにも人手不足だ、いざ広報部門を立ち上げても、どこから手をつけていいのか分からないという戸惑いの声もよく聞かれます。

私は会社員からフリーランスを経て、一部上場企業からスタートアップまで30社以上の広報担当・支援を行ってきましたが、その中でこういったお悩みが非常に多いことを痛感してきました。そこで、私たちMaVieの広報ブランディング支援は、「しっかり企業が自走できる広報体制をつくること」をゴールにしています。

まだ社内に広報担当者がいない場合は、経営戦略に基づいて広報課題の洗い出しから戦略立案、実行までを一気通貫でお引き受けします。同時に、広報担当者の採用支援から育成、スキルアップもサポート。「自走できる広報体制」を目標としていますから、私たちが持っている広報のノウハウやリレーションも共有していきます。

広報体制の規模や事前のコミットメントにもよりますが、平均1年〜1年半ほどで、私たちのサポートを“卒業”して独り立ちしていただくイメージです。また独り立ち後もサポートの必要を感じる場面があれば、いつでも一緒に課題解決していきます。

なお、私たちのサービスは、スタートアップだけが対象ではありません。昨今増えているのが、ホールディングス化などにより、老舗企業が統括的な広報体制の再構築が求められるケース。上場企業の広報責任者や新たな広報部門を立ち上げた経験などを活かして、多様な規模や業態の企業に対応します。

企業自身も気づいていない価値が、私たちの目線によって新たに発見されることもあります。事業の価値を最大限に高めるために、私たちがていねいに並走して、強い広報体制の確立をお手伝いします。

女性がやりたいことを諦めずに充実した人生を送る手助けをしたい

広報ブランディング支援を主軸としているMaVieですが、会社を立ち上げる際に、もう1本、どうしても柱として掲げたいと考えたのが「女性活躍支援」です。

代表の私自身、会社員からフリーランス、そしてMaVieを立ち上げるまでのあいだに、結婚、妊娠、出産と大きなライフイベントを経験し、今も未就学の子を育てながら事業に向き合っています。

私自身は比較的、将来なりたい姿を見据えてキャリア設計をしっかり立て、着実に実行していくタイプなのですが、それでも妊娠・出産の時期に起きることは想定外の連続でした。壁に当たって回り道をしたことも何度もあり、「事前に知っておけば打破できた壁もあるのに…」と、怒りにも似た悔しい思いをしたこともあります。

妊娠・出産を控えた女性たちの多くは、育児と仕事の両立に漠然とした不安を抱えています。女性活躍推進法や働き方改革が声高に叫ばれ、社会環境も徐々に変わってきているとはいえ、妊娠を機に6割の女性が離職しているのが現状です。

もう、私と同じ不安や悔しい思いを、これからママになる世代には繰り返してほしくない。そのために私ができることをやらねばーーそんな強い思いが、私の中に生まれました。

そこで、まずは2018年にプレママからワーママが集うコミュニティ「ミレニアル世代の育児と仕事の両立を考えるMrelations」を立ち上げました。同じ価値観をもつワーキングマザーが集まり、自身がぶつかった壁や、乗り越えた過程などを経験を語り合うことで、同じような壁にぶつかったときも、そこで諦めてしまうことなく解決方法を探っていけるように——ママたちのナレッジシェアが、コミュニティの目的です。

クチコミで始めたこのコミュニティ、参加した皆さんが強く共感してくださってその輪は広がっています。

やがて、このような活動を見てくださった企業の方が、育児と仕事に関する社員向けのセミナーやワークショップなどを依頼してくださるようになりました。

最近では、女性活躍やワークライフバランス推進をミッションとした企業内活動も増えています。しかし「育休取得率」「離職率の低下」など“数値”の目標を掲げても、実際に当事者たちが働きやすい環境になっているかというと必ずしもそうではありません。

私たちはコミュニティ運営を通じて、当事者であるママ、女性たちのリアルな声を蓄積してきました。それを活かして、より具体的で実効性のある制度設計や社内の意識改革をご提案しています。

いま、女性たちの意識は、変わり始めています。いかにキャリアを諦めることなく、育児と仕事のベストバランスを見つけて自分らしく充実した人生を歩むことができるのか、一人ひとりが真剣に見据えて考えるようになっているのです。

しかし、私は思うのです。「女性たちがいくら変わっても、企業そして社会が変わらなければ、何も変えられない」と。

だからこそ、私は女性の生き方の多様性を受け入れられる社会になるように、企業側からの変化を後押ししたいと考えています。

また、広報ブランディング支援においても、「ママ目線」を活かしたプロジェクトを積極的にお手伝いするようにしています。たとえば、もともとビーガンやベジタリアン向けのプラントベースドフードのPRにおいても、マタニティや授乳中のママの軽食という新しいオケージョンを提案してPR施策を打ち、好評を得ました。

食育の資格を活かしたオーガニックベビーフードのPR企画・実施や、当事者目線を活かした幼児教育、ママ向け映画などのブランディング設計・PRを通じて、「ママ」をとりまく市場の中からより価値のあるものを広く伝える活動に従事し、より女性が輝く社会を創っていきたいと考えています。