女性フリーランスのブランディングは、軸となる強みや差別化を明確にすること。パーソナルブランディングを定め、事業が加速 ——MaVie salon


ブランディングのプロが、ビジネスでの強みやらしさを引き出すパーソナルブランディング講座「MaVie salon」は、3ヶ月間のマンツーマンプログラム。プログラムを終えたフリーランスのイラストレーターのはしもとあやねさんに、受講してみての声を伺いました。

お名前

はしもとあやねさん

プロフィール

フリーランスのイラストレーター。女性向けの提案を得意としている。世界観に引き込まれるストーリーイラスト、デフォルメタッチのきいたコミカルイラストなど、様々なタッチを描き分ける。どれも共通して「ファンの共感を呼ぶ」コンテンツ制作を心がける。

当初の課題

自分の強み・軸を定め、らしさを活かしたビジネスを模索していた。自分の強みや軸を決めきれず、フリーランスとしてビジネスの方向性に自信が持てなかった。そのため戦略や目標をどう定めていいかもわからない状態だった。

成果

・ビジネスブランディングの軸が明確になり、案件や自己PRの方向性が定まった
・中長期戦略とそれに紐づく目標を設定したことで、これまで点で動いていたものを、線で考えて戦略的にアクションができるようになった
・今なにをやるべきなのかが明確になったことで、今まで一歩踏み出せなかった活動が動き出した

ビジネス観点での強み・軸を模索していた

ーご依頼時は、どんな課題がありましたか?

フリーランスとして今後どんな方向性でキャリアを積んでいけば良いのか、将来に向けた目標が定められていませんでした。そのため、仕事にも自信がなくなっていたんです。なんとかそこを脱したいと悩んでいました。自分の個性を活かした作品を作りたいと思ってはいるものの、作ってきた作品のテイストがバラバラで、「わたしの個性とは何か?」を再確認したいという気持ちだったんです。そんな時に、ビジネス観点でフリーランスのキャリアやブランディングを考えていきたいと考え、サポートしてくれるサービスを探していました。

ーMaVie salonを選んだ理由を教えてください

一番は、女性のビジネスブランディングが得意であることが決め手でお申込みさせていただきました。また一緒に伴走してくれるスタイルや、「ビジネスでの強みを引き出す」という特徴にも惹かれました。今の自分に必要なことだと思い、すぐに受講を決意しました。受講することで、自信を持って目標に向かって走れるようになれたらいいなと思ったんです。

軸が定まったことで、ビジネス戦略や営業活動が加速

ー実際に受講されてみて、最初はどんな印象を受けましたか?

最初は仕事のスタイルのヒアリングから始まりました。正直「ここから自分の強みが見つかるのかな?」と思っていました。しかし開始すぐに、「はしもとさんはお客さんの良いところを見つけるのが得意なんですね」「相手の求めていることを察知できるアンテナがありますね」など第三者視点から自分の強みや長所を的確に挙げていただき、それだけでも自分のらしさとなる“軸”が見えてきました。自分一人では見えない部分を言語化していただき、MaVieさんにしてよかったです。

一方で、わたしの考えが甘かった部分もあります。当初は「受講すれば自分がなにもせずとも目標などを勝手にまとめてもらえるもの」なのかと思っていました。実際にはそんなわけはなく(笑)宿題では、ワークシートを活用してお客様のペルソナを洗い出し、目標設定のためのワークを行っていきました。

ゴールが見えていなかった当時の私は、最初戸惑ったものの、いざ着手すると、時間をかけて自分の強みや商材・ビジネスと向き合うことで強みが見えてきました。さらに、ビジネス展開のアイデアまで思いつくようになったんです。セッションの時に、そのビジネスアイデアを相談させていただき、事業を伸ばす上でのアドバイスをいただけたのも助かりました。

MaVie salonは、ビジネスのためのパーソナルブランディング講座ですが、自分と見つめ合う時間を作る機会でもありました。セッションとワークの両軸できちんと取り組むことができてよかったです。

プログラムの中で、変化を感じたタイミングはありますか?

自己PRについてのセッションで、ビジネスとしての見せ方やSNSの活用方法について相談しました。実は過去のトラウマから、お客様やフォロワーのみなさんに意見を伺うことを躊躇していたのですが、志賀さんに背中を押していただき実施することができたんです。

実際にアンケートをして絵柄についての意見を伺うと、自分がこれから頑張っていきたいと思っていた絵柄に票が集まったんです。そこで初めて顧客のニーズと自分の描きたいものがマッチしていることがわかりました。行動を起こしたことで、顧客が求めているものから描くなど優先順位もつけることができるようになり、学びが多かったです。

自分では考えれらなかった中長期目標を設定できたことは、なかでも大きな変化です。それによって、好き勝手に作品を作るのではなく、目標に紐づいたイラスト制作・構図を研究するようになりました。コンペにも参加したりと、ビジネスの営業活動も活発的になったんです。

これまでは、何につながるかわからずアクションがバラバラでした。でも戦略や目標が明確になったことで、点だったアクションが目標へつながる1本の線になりました。

またブランディングだけでなく、ビジネスの中長期戦略や営業活動のアドバイスまでも的確にいただけたこと、大変満足しています。またウェブサイトやSNSのプロフィールの文言を、直接添削していただけたことも助かりました。プロに見て頂けたことで、自信につながっています。

第三者視点と多彩な経験からの的確なアドバイス

3ヶ月間受講されてみて、どんな変化を感じますか?

3ヶ月で自分のやりたいことが見え、中長期目標を設定したことで圧倒的に活動的になりました。また働き方にも変化がありました。夜中から朝まで仕事をしていた昼夜逆転の状態から、目標達成のためにスケジューリングをして朝型に戻すことができました。

プログラム中に背中を押していただき実施した、イラスト制作のためのSNSアンケートがきっかけで、新たなプロジェクトが生まれました。このコラボをきっかけに、イラストの宣伝効果や広告としての役割を実験できればと思っているので、今から制作が楽しみです。

今回受講したことで第三者目線で自分のビジネスとしての見せ方や強みを言語化していただき、私自身が自分と向き合う時間もいただきました。志賀さんがご自身で独立し、ビジネスを構築されてきた中での知見がたくさん詰まっていて、学び多い3ヶ月でした。志賀さんご本人が3ヶ月、1on1で伴走してもらえることはとても貴重な時間でした。甘い考えを正していただけたことを含め、かなり満足しています。

ー最後に、今後の展望を教えてください

受講して得たものを、営業観点での戦略的なアクションや、SNSなどの自己PRの手法に活かしていきたいです。今回の受講で産まれた「ファンの共感を呼ぶイラストレーター」というキャッチコピーを、自分の軸として活動していこうと思います。

まずは中長期目標をしっかり達成できるようにコツコツと積み重ねをしていき、コロナが落ち着いた頃には、作品をご覧頂ける個展を開きたいと思います。


講師・志賀からのコメント

初回のセッションから、1つずつ課題を解決し、目標やビジネスの方向性が明確になっていくたびに、はしもとさんの表情もとても素敵に明るくなっているのを画面越しでも感じられました。またワークにも真剣に取り組んで、メールでも積極的にご質問や進捗報告をいただきました。しっかりご自身で前に進もうとされているのを間近で感じていたので、ビジネスブランディングの軸を定めていきながら、アクションまでプログラム期間中に出来るようになったこと、とても素晴らしいと思います。講師冥利に尽きます。これからも応援しています!

ブランディングやPR活動の課題やお悩みはありませんか? MaVieでは企業・経営に寄り添う伴走支援で解決します。
一般的に「ブランディング」というと“見た目”を整えることに重きを置きがちですが、実は本当に大切なことは経営・事業課題から紐解いていくこと。そして対内外的にどう醸成していくかを考えることです。
<課題例>
  • プロダクトやサービスを立ち上げたがブランド全体の戦略や施策が組み立てられない
  • 自社でブランディングやPRを進めてきたが社内にも社外にも浸透しない
  • 外部に委託してみたものの自分たちが思い描いていたブランド構築ができていない
  • 社内にブランディング・PRのコミュニケーションマネジメントを担える人材がいない
この他にも経営課題・ブランディングでお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
MENU