【新型コロナ変異ウイルス感染拡大下の働くママの意識調査】
半数がコロナ前に比べて「働き方が変化した」と回答



女性のエンパワーメントを目的に事業を展開する株式会社MaVie(東京都港区、 代表取締役社長:志賀祥子、 以下マヴィ)では、新型コロナ変異ウイルス感染拡大を受け、「働く母親の意識調査」を行いました。

【調査トピックス】

  • 2度の緊急事態宣言を経て、半数の人が「働き方に変化があった」と回答
  • 変異ウイルスの感染拡大を受けての学校閉鎖には「反対」が3割、「どちらともいえない」が7割
  • 行政や会社に望むのは「リモートワーク環境の整備」「親が感染した時の子どもの預け先」

 

【株式会社MaVie代表 志賀祥子コメント】

新型コロナウィルス流行から一年が経過し、変異株の拡がりで母親たちの不安感は大きく高まりました。感染収束のためには、生活にある程度の制約が生じるのは仕方ないと思う一方で、終わりの見えない状況の中、子どもの健全な成長をどうやって支え、守っていったらいいのかという悩みは日に日に増える一方です。今回の調査では「学校閉鎖に賛成?反対?」の回答には、7割が「どちらとも言えない」と回答。、学校への登校を家庭環境に合わせて選べるようにする「選択制」を望む声も多く、母親たちが日々苦悩しながら生活していることがわかります。。私自身3歳の娘がおりますがもし預け先の保育園でクラスターが発生したらどうしよう、親が感染したらどこに子どもを預けようという不安を常に抱えながら仕事をしています。政府、各自治体には、子育て世帯が少しでも安心して、仕事に、子育てに取り組めるよう、実効性あるサポートと情報提供を強く望みます。

(志賀祥子プロフィール)

1986年生まれ 東京都出身。2018年よりプレママ・ワーキングマザー中心のコミュニティ「Mrelations」の運営を開始。2019年に女性のエンパワーメントを掲げ株式会社MaVieを創業。自身の企業広報での知見・経験を活かしたブランディング事業と「産後のセカンドキャリア」をサポートする女性活躍支援事業を展開。プライベートでは一児の母で、働く女性・母親の意見を社会に届けるスポークスパーソンとしても活動している。
プロフィール詳細 https://an-life.jp/portfolio/171



<調査結果>

Q. 2度の緊急事態宣言を経て、あなたの働き方に変化はありましたか?

・テレワーク比率が増えた。

・在宅勤務の機会が増えた。

・クライアントとの打ち合わせや取材はリモートがふえ、在宅が増えました。

・基本的には在宅勤務ができない部署で、緊急事態宣言の間だけ人員を減らしての勤務になるので、大変になるだけだった。

 

Q. 変異ウイルスの感染拡大を受けて、学校閉鎖が議論されています。あなたは学校、保育園、幼稚園の閉鎖に賛成ですか?反対ですか?

・ 子どもの成長のためには通わせたいが、感染への不安もある。

自宅で子どもをみながらの仕事は不可能なのでどちらとも言えないが、休みたい人は休めるように選択させてほしい。自宅に基礎疾患をもつ家族がいる人はなおさら不安かと思います。

・休校になったとしてもコロナになる時はなってしまうと思うので必要最低限の時間で学校はあって欲しい。

・いざもしコロナが広まったときに危機感がでて休ませたくなりそうだけど、仕事も在宅など厳しいので、どちらとも言えないという気持ち

・感染拡大も怖いが閉鎖で子どもの活動が制限されるリスクの方が気になる。在宅仕事のため業務に支障が出るのも困る。

 

Q. 新型コロナウィルス感染拡大が続くなか、働きながら子育てを続けるためにはどんなサポートが必要だと思いますか? 行政や会社に求めることがあれば教えてください。

・まずは大人がリモートワークの徹底をすることだと思う。いまだに満員電車で通う方も多く、自分は在宅勤務でも取引先によっては訪問必須の打ち合わせもあり、感染に不安を感じる。国全体でオンラインでのビジネスを推進してもらいたい

・公園閉鎖など全部NGにするのではなく柔軟な状況判断をしてほしい。

・これ以上社会として我慢我慢と言われても難しい部分がある。そんな中でしっかり踏ん張ってくれている医療・教育方面に対してしっかり予算を使って欲しい。

・柔軟な働き方。デジタルの活用。

・親が感染した際に、頼れる場所がない未就学児はどうなるのか。安心して子どもを預けられる場所を地域と連携して示して欲しいです。

・一律給付といった行政による経済的支援


<調査概要> 

  • 期間:2021年4月20日〜2021年4月22日
  • 調査手法:オンラインでのアンケート調査 
  • 属性:MrelationsPLUS会員(未就学児~中学生の子を持つ働く母親)
  • 年代:20代~50代
  • 回答数:20

  

■Mrelationsについて

ミレニアル世代の育児と仕事の両立を考える「Mrelations」は、日本のワーママを取り巻く問題を解決するための活動として、会員同士のナレッジシェアを目的に2018年に誕生。今まで20回を超える交流イベントを開催してきました。

コミュニティの特徴は、ひとりひとりが充実した人生を歩むために「育児も仕事も両立しながら、自分自身のベストなバランスを確立したい」という志向の女性が集まっているという点。「ママ」という属性だけでなく、同じような価値観・想いを持った方との交流を促進する場を作り、“キャリアと育児”どちらかに比重を置くという議論ではなく「自分らしい両立のベストバランス」を見つけるために、ポジティブな情報交換や議論が生まれる場となっています。

■会員制サービス「Mrelations PLUS」とは

会員同士の交流の場を引き続きご提供し、さらに働く女性が効率よく上質な情報をインプットしていただける会員限定コンテンツをご用意。月額2,980円で毎月のセミナーへの参加および過去の全セミナーの動画が見放題に。

 

▼取材依頼について

MaVieでは、情報番組など各媒体取材でのコメント提供やコメンテーターなどの出演、またイベントやセミナーでの講演、WEBメディアなどでの記事執筆を行っております。MaVieならび本コミュニティに関する取材・講演・セミナー・執筆などのご相談については、お気軽に【info@mavie.style】からご連絡ください。

【本プレスリリースへのお問い合わせ】
info@mavie.style