【イベント】8月4日開催!withnews編集部に聞く withコロナ時代 メディアに採用される企画とは 実践型広報セミナー


テレワーク、在宅勤務が進み、ここ数ヶ月で生活者の環境が、大きく変動。
企業のあり方、ステークホルダーとのコミュニケーションも大きな変化が求められ、広報活動におけるメディアリレーションも新たな転換期を迎えています。このような状況下で、これからはどのようにメディアとの関係構築を行なっていくのが良いのでしょうか。

そこで今回は、ひとりひとりの「気になる」をいっしょに解決するメディアサイトである朝日新聞社「withnews」の河原様をお招きして、「withコロナで採用される企画とは」をテーマにトークセッションを開催。

最前線で活躍され、様々な企画を形にしてきた河原さまから、これからのメディアリレーション、企画力についてお話を聞きながら、今まで採用されてきた企画の実例も交えてお話いただきます。

そして今回は参加者の方には企画発表の場をご用意しています!ぜひ皆さんが考える企画案を持ち込んでいただければと思います。

【申し込み方法】
http://ptix.at/JTC9Mx

【当日のプログラム】

・トークセッション
・参加者の方から持ち込み企画の発表 
・質疑応答

【参加対象者】

経営者・広報責任者・広報担当者

【登壇者】
・ゲスト
withnews編集部 河原夏季氏

withnews編集部の編集者・記者・イベント担当。 2010年朝日新聞社に入社。愛媛や埼玉で記者として勤務したのち、紙面編集者を経て2018年から現職。10代の生きづらさと向き合う企画「#withyou」や発達障害企画など多数の連載立ち上げに関わる。最近のブームは日本酒。佐渡島出身。一児の母。Twitterは@n_kawahara725。

・進行役
株式会社MaVie 代表取締役社長 志賀祥子

東京都出身。社長秘書と広報責任者の経験を持ち、7年間の企業広報での知見・経験を活かして2015年に広報コンサルタントとして独立。2019年に株式会社MaVieを創業。企業の“らしさ”を引き出すために、経営者目線と広報目線という二つの視点から、顧客と社会をつなぐブランドコミュニケーションを生み出すことに注力。広報専門家×女性・ママ目線を活かした商品企画・ブランド設計・マーケティングといったPRのトータルプロデュースを得意とする。

また働くママ向けメディア「M relations」と、連動したクローズドコミュニティを運営し「子育て中でも自分らしいキャリアを実現」するために働く女性の交流促進やナレッジシェアを通じてエンパワーメントを支援している。プライベートでは一児の母。

【イベント概要】
日時:2020年8月4日(火) 14:00〜15:30

会場:本セミナーはオンライン開催となります。参加前日に参加方法(zooom/URL)をご案内いたします。
お手持ちのPCまたはスマートフォンよりご参加ください。

【参加費】 
1,000円

【お持ち物】
withnewsへの企画案をご用意ください

【参加人数】
10名で締め切り予定

<ご注意>
※1社1名様のご参加をお願いします。複数名様の申し込みはご遠慮ください
※主催及びゲスト企業と事業が競合する企業からのお申し込みは、お断りする場合があります
※セミナー内容は予告なく変更になる場合がございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です